We look forward to working together!! OHASHI
大橋製作所とは・・・ LET'S SCROOLL scroll

TOP MESSAGE

私は、次の3つに力を入れていきます。

「1.新しい「コト」に積極的に挑戦する、またその姿勢を評価する組織づくり」「2.個々が成長できるよう、個人個人がどのようなことにチャレンジするかの目標設定」「3.働きやすい職場環境のさらなる整備」

大橋の発展に向け、「健康」「感謝」「信頼(尊重、認める)」をキーワードに、明るく、楽しく、一緒に仕事をしましょう!

代表取締役社長 大橋一道

画像

誕生日休暇消化率
(2021年度実績)

有給や誕生日休暇制度を利用して、過去には日本一周のために3ヶ月休暇取得、男性育休のために2ヶ月休暇取得など、製造職の方も、長期の休暇取得が可能です!

画像

在籍年齢層
(2022年4月時点)

現在、大橋製作所では幅広い年齢層で、スキルを発揮しています。
各事業所の近隣だけでなく、関東圏内の広範囲から社員が通勤しています。

画像

新卒定着率実績
(2021年4月時点)

2017年度 …0名入社
2018年度 …1名入社、 0名退社
2019年度 …1名入社、 0名退社
2020年度 …2名入社、 0名退社
2021年度 …2名入社、 0名退社

INTERVIEW 先輩社員の声

画像
機器事業部
機械設計
グループ

チーフ

冨田

画像
機器事業部
機械設計
グループ

深見

画像

機器事業部 機械設計グループ チーフ 冨田

なぜ大橋製作所に入社しようと思ったのですか?

機械をいじることが好きだった関係で、その分野の大学に通っていたのですが、大橋製作所が大学に企業説明に来ていたことがきっかけです。
入社して実感したのは、基本的に好きなことを自由にやらせてくれる会社だということです。あまり縛られることもなく、自由にのびのびやれますし、間違ったことは間違ったで、自分で吸収していけば、その都度成長していけるし、やりやすい会社だと思います。

研修後の最初の仕事について

最初は製造グループに配属され、先輩の下について大橋製作所特有の機械を学ぶというところからスタートしました。

画像

機器事業部 機械設計グループ 深見

なぜ大橋製作所に入社しようと思ったのですか?

大学で知的財産法を学び、発明や技術を使ったモノづくりに興味を持ちました。その中で大橋製作所は身近なスマートフォンなどのカメラモジュールに関する装置を扱っていることに惹かれ志望しました。

研修後の最初の仕事について

私が入社した時は、新型コロナウイルスの影響で他社との合同研修がなくなってしまい、在宅でビジネスマナー研修を受けました。出社が始まると、最初は電話対応について学びました。電話対応を迅速に行う為に、まず社員の顔と名前を覚えました。また同時に、装置の部品手配のための新規部品登録方法を覚えていきました。