引張試験機 ABK1200|製品情報・加工技術|株式会社大橋製作所 メタル事業部

材料試験機: 引張試験機 PRODUCTS

ABK1200 引張試験機

引張試験機 ABK1200

ABK1200 特徴

特徴1

簡単操作

複雑な操作や、面倒な設定等は一切不要。
かんたん 3ステップで試験完了。

① 電源ON (または、リセットボタン押下)
② 試験片をワンタッチ・チャックにセット
③ 操作レバーを上下に操作し、油圧で引っ張るだけ

わずか30秒で試験完了

image
単点スポット溶接した試験片
image
ワンタッチ・チャック
image
試験片をチャックの間に置いて、レバーを上げれば、ワンタッチでチャック完了。
簡単&スピーディー。
image
操作レバーを上下に動かし、油圧ポンプの力で試験片を引っ張ります
image
わずか30秒で引張試験完了
image
最大引張せん断強さを確認
ピークホールドなので、リセットボタンを押すまで表示されます
特徴2

ワンタッチ・チャック

●現場の作業者にとって手間のかかる作業は最も敬遠されます
●ワンタッチながら、高強度・高耐久

  • image

    クサビ型ワンタッチ・チャック

  • image

    3Dモデルによる強度解析

  • image

    試験片をはさむだけ

特徴3

高精度ロードセル

●長寿命・高精度のロードセルを採用
●高精度±1%(JIS1級レベル)

特徴4

校正証明

●トレーサビリティ体系図
・校正用測定機器は国家基準にトレーサブル
・校正証明書も発行可能
(但し、大橋製作所として校正機関の認定は取得しておりません)

image
特徴5

一台二役

●引張試験だけでなく、溶接ナット押込みはく離試験も可能

  • image

  • image

特徴6

JIS規格で判定

●JIS Z 3140: 引張せん断強さ判定基準
●JIS B 1196 :押込みはく離強さ判定基準

  • image

  • image

特徴7

品質管理

●「溶接条件記録表」の活用
・出荷製品の製作履歴が追跡可能(品質管理)
・過去の溶接条件の再現(品質安定)
・熟練者の溶接条件を再現可能(技術継承)

image

ABK1200 仕様

名称 引張試験機
型式 ABK1200
最大荷重 30kN
負荷方式 油圧式(手動レバーによる)
測定精度 ±1%
電源 AC 100V (50/60H z)
消費電力 約5W
測定範囲 0~30kN
分解能 0.01kN
荷重センサ ロードセル
表示部 LED 7セグメント4桁(発行ダイオード数字素子)
文字高さ 14.2mm
表示方法 最大荷重値
試験片チャック ワンタッチチャック クサビチャック方式

対象試験片

形状 JIS Z 3136による単点溶接継手試験片(通常板幅試験片)
板厚 0.4~3.2mm(ワンタッチチャック許容 5mm )
20~50mm
長さ 100~150mm
材質 鉄鋼板、ステンレス板、アルミ板
使用温湿度範囲 0~40℃、 30~85%(非結露)

外観形状

サイズ H 1148 x W 500 x D 600mm
質量 約 65kg


お問い合わせは下記まで。 お気軽にお問い合わせ下さい。

メタル事業部 営業グループ
材料試験機担当
TEL: 03-3743-8950   FAX: 03-3741-9566
ページ先頭へ戻る