精密板金 板金加工 加工技術 |株式会社大橋製作所 メタル事業部 | 精密板金ブログ

  • HOME
  • 精密板金ブログ

精密板金ブログ Sheet Metal Blog

曲げ加工における伸び・縮みと展開寸法

2019年12月25日
精密板金において、曲げ加工を行うと板の内側では縮みが、外側では伸びが生じます。
image 板金加工での展開寸法は、この伸び・縮みを考慮しなければなりません。
伸び値(縮み値)は各社各工場で保有するダイの幅や内Rの大きさにより異なります。
SPCCなどの場合の一般的な計算式として、
図①の例(両方の曲げ高さ10mmだった場合)では、

展開寸法(長さ)=10+10-(板厚x1.5)=18.5(曲げに必要な展開長)となります。(図②)

図③:縮み値(内寸)の場合は、
展開寸法(長さ)=9+9+(板厚/2)=18.5  となります。

  • image

    図①: 伸び値(外寸)の場合

  • image

    図②: 展開寸法(長さ)

  • image

    図③: 縮み値(内寸)の場合

弊社では通常、外寸で計算しております。
加工現場でもノギス等で寸法を測って確認を行いますので、図面に外寸表記があると助かります。
以上、曲げ加工における伸び、縮み、展開寸法のお話しでした。

極小物曲げ

2019年11月15日
image 左の写真の様に、弊社ではかなり小さい物でも加工可能です。

材質:SUS304
板厚:t=0.4
曲げ寸法:1.2
image 機械サーボ・プレスブレーキ EG6013による曲げ加工。
まっすぐ突き当てることが肝心です。そのための工夫を凝らして日々、技術力を向上させています。
現在依頼している会社の品質が不安定、こんなもの作りたいけど加工できるか知りたいなど、お気軽にご相談ください。

曲げ作業 今と昔

2019年10月31日
ベンダーで曲げ作業を行う際の注意点の一つとして、捻れの問題がある。
伸び代、縮み代等各社のノウハウがあるが、品物の形状によっては左右の伸び縮みが異なり捻れが出る。少し前のベンダーでは、例えば左右0.1ミリの差を調整する為に、突き当てに新聞紙(約0.06ミリ)を1枚、2枚と挟んで調整したり、時にはとても重い受け型(ダイ)を一旦取り外し、やはり新聞紙を敷いて左右高さを変え、加圧を調整したりしていた。必要な条件出しをする為に、時間と労力が必要であった。時が流れ、現在使っているベンダ(AMADA製 EG6013)では、操作パネルで設定するだけで、左右の突き当てを1/100ミリ単位、スライド(加圧板)は1/1000ミリ単位で即座に変更可能であり、昔に比べれば、まるで夢の様である。一方で、デジタルノギスの普及により、1/100ミリを容易に読めてしまう時代でもあり、良いやら悪いやら・・・。

大橋製作所 「精密板金ブログ」 始まります

2019年7月13日
大橋製作所では、精密板金について知って頂く為にブログを立ち上げました。今後、精密板金に関する様々な事を情報発信してまいります。是非ご覧下さい。
ページ先頭へ戻る