株式会社大橋製作所 メタル事業部

  • HOME
  • 精密板金加工

板金王の板金教室! ~抜き工程(ブランク)編~

精密板金業界のレジェンドである板金王(バンキング)が、サイコロを作りながら板金加工の流れを伝授していくようです。

今回はいよいよ前回つくったプログラムを加工していきます。
まだ読んでいない方はこちらからどうぞ→サイコロ製作 第1回:プログラム編

それでは、みなさんも一緒に見ていきましょう! ※下記に動画あり
板金王
板金王

しぃちゃん!
今日は一緒にブランクをやるぞ!

しぃちゃん
しぃちゃん

師匠!
確かに今日は天気もいいし、絶好の公園日和ですね!小学生以来だし楽しみだな~~~!

板金王
板金王

公園・・・???

しぃちゃん
しぃちゃん

ブランコ久しぶりぃ~!
ブランクあるけど、一回転するぞ~!

板金王
板金王

大喜利じゃなくて、
仕事しようぜ・・・。

つーか、一回転って出来んの・・・・?

しぃちゃんの大喜利はさておき、ブランクにはタレパン加工とレーザー加工の2種類があります。また、これら2つの機能を備えている複合機という機械もあります。
 タレパン加工はパンチ(上側の金型)とダイ(下側の金型)で板材を挟み込むことによって打ち抜いていきます。丸や四角などの様々な形状およびサイズの金型を使うことによって、任意の形状をつくることが出来ます。
 レーザー加工は、金型を使わないため、異形穴や曲線など自由に加工することができます。パンチで打ち抜くことからレーザーで切断することも含めて「抜き」や「ブランク」と呼ばれています。
Aさん
しぃちゃん

師匠!なんかやんややんや言ってますけどよく分かんねーす。

板金王
板金王

うむ。それではタレパンについて詳しく解説していくぞ。まずは設備についてじゃ。

image こんな感じで上下に金型がセットされています。
この部分をタレットと言い、円状になっていて回転します。
image タレットが回転し、ストライカーの位置まで来ます。ストライカーが下降することで、パンチが押されていきます。
image ダイで材料を押さえ、パンチが貫通することで打ち抜くことができます。
Aさん
しぃちゃん

う~ん。分かったようなわからないような...

板金王
板金王

では、金型の形も見てみよう。

image 左(パンチ) 右(ダイ)
image パンチを分解してみるとこうなります。
板金王
板金王

写真右のガイドと呼ばれる部分で材料を押さえ込み、写真左のボディが飛び出す仕組みじゃ。
下の図が、金型で打ち抜く簡単なメカニズムじゃ。

image

パンチがダイにはまる事で、材料を切断します。文房具の「穴あけパンチ」と同じ仕組みです。
パンチとダイの隙間の事をクリアランスといい、材質や厚みによって、クリアランス量が変わります。

しぃちゃん
しぃちゃん

なるほど!あとは丸だけじゃなくて四角や異形の形などを組み合わせて色んな形状を加工するんですね?

板金王
板金王

そうじゃ!下の写真は一部に過ぎんが
ざっとこんな感じじゃな。

image
しぃちゃん
しぃちゃん

おったまげ~~!
こんなに多いんですね!!

image
板金王
板金王

次はレーザー加工について詳しく解説していくぞ。まずは設備についてじゃ。

image ヘッドと呼ばれる部分がプログラムによって動きます。
(設備によって材料側が移動する場合もあります)
image 先端からレーザー光が連続で照射され、切断していきます。
しぃちゃん
しぃちゃん

なるほど~。なんとなくわかりました。
ところで、タレパンとレーザーってどっちが良いんですか?

板金王
板金王

どちらが良いとかではなく目的に合う方を選ぶことが大切なんじゃ。
タレパンとレーザーの特徴を比較してみよう。

image
しぃちゃん
しぃちゃん

へえ~!
特徴はわかったので実際の動きが見たいです!

板金王
板金王

そうじゃな。
動画で実際の動きを見てみよう!

板金王
板金王

前回つくったサイコロのデータを加工すると
こんな感じで出来るぞ。

image
image
しぃちゃん
しぃちゃん

おったまげ~~!
あっという間に出来ちゃうんですね!

板金王
板金王

精密板金加工は専用金型をつくらなくても製作できるので、納期が早いことが大きな特徴じゃな。試作や多品種少量生産では大きなメリットとなるぞ。

しぃちゃん
しぃちゃん

すごいなあ。おもしろくなってきました。
じゃあ早く曲げましょうよ。

板金王
板金王

待てーい!
まだ曲げる前にやることがあるんじゃ!

しぃちゃん
しぃちゃん

そうですね。
もうおやつの時間ですもんね?
お菓子をたべないと!

板金王
板金王

やることってのはバリ取りじゃ。
ということで次回「バリ取り編」です。

プログラム編                          バリ取り編≫

ページ先頭へ戻る